ここなら安心♪横浜の出産でおすすめのクリニック特集

小川クリニック

横浜で長年の実績を重ねている産科医院、小川クリニックの出産サポートや設備などの特徴をまとめています。

横浜の出産クリニック・小川クリニックDATA

所在地 横浜市戸塚区舞岡町29
診療時間 9:00~12:00 15:00~18:00(土曜は午前のみ)
休診日 日曜・祝日

医療面、施設面、精神面でのトータルケアを行う出産クリニック

横浜の小川クリニックは、超音波を積極的に用いた診断を行うことで、トラブルを起こさない出産管理をモットーとしている医院です。

出産はお母さんと赤ちゃんが楽なように、個々の妊婦に合わせたオーダーメイド。自然分娩が中心で、無痛分娩にも対応。帝王切開も行います。

陣痛の間は照明の工夫や心地よい音楽が流れ、リラックスした雰囲気の中で分娩に臨めます。また、お父さんの立会分娩も積極的に取り入れています。

横浜市の救急医療連携システムに参加。重症疾患や高度先進医療が必要な場合は速やかに対応してくれます。

小児科医は出産後から赤ちゃんを回診、定期健診や予防接種など退院後のフォローも万全です。

一般の乳児健診とは別に、母親とこどもをペアで指導する乳幼児保健指導外来もあり、ここで生まれた子は小学校を卒業するまで、育児の悩みや質問に応えてもらえます。

メンタルケアを重要視した入院環境

入院予約時に、入院中に必要なものが入ったオリジナルバッグがプレゼントされます。自分に必要なものを追加しておけば、このバッグ一つで身軽に入院できるようになっています。

入院中は部屋専属のアメニティスタッフが身の回りの世話をしてくれます。

食事はフレンチシェフと管理栄養士のコラボレーション。本格的な味と栄養管理を両立し、朝・昼・夜・おやつまで手作りでもてなしてもらえます。

お母さんたちの交流の場となっている朝食ビュッフェは好評のようです。

予約をすれば、仕事帰りのお父さんのために夕食を用意してもらえるサービスもあり、一緒に部屋で食べることもできます。

入院中、専任のエステティシャンが、ココロとカラダをほぐすエステも施術してくれます。

新米ママ・パパも安心できる充実のサポート

小川クリニックは3代100年の実績があり、ここで生まれたあかちゃんが妊婦となり再会するケースもあるとのこと。横浜の地域に根差した信頼が培われている証といえます。

母親学級をはじめ、ソフロロジー式分娩法、マタニティビクスなどの教室を開催。余裕をもってお産に挑めるよう知識を増やし、リラックスできる環境が整っています。

お父さんが妊娠・出産に関する理解を深めるために、父親学級も開催されています。

退院後は伝統ある発達指導「すくすく外来」や、ベビーマッサージ教室も開かれています。

育児を前向きに楽しく取り組むために、退院4ヵ月後には同窓会が開かれます。入院中一緒だったお母さんたちと再会し、互いに語り、励まし合う場になっています。

受診中の人はシャトル便(5コース運行)が利用でき、分娩する人は自宅まで迎えにきてくれる個別送迎サービスもあります。